テント選びに悩みまくった!ムーンライト7型…さてその結末は?

モンベルムーンライト7型

テント選びってすごく悩みませんか?我が家はモンベルのムーンライト7型ですが、買うまでに何ヶ月もかかりました。機能・大きさ・使い勝手・価格…どれも妥協したくないもん!「じゃムーンライトで」と決めてからも5型と7型どちらのサイズ?と迷うこと2週間。さてその結果は…使って納得!満足してます。

ムーンライトの良い点

残念ながらイマイチなところもあります。

ムーンライトのイマイチな点

ムーンライト最大の弱点は、オシャレテントじゃないことかな。

「かっこいい」「かわいい」とビジュアルを褒めてもらえることは、まず、ありません。モノポールテントみたいにかわいくないし、ロッジ型テントみたいにレトロでノスタルジー溢れる風情もない。

カラーは2色

最近のオシャレキャンパーを意識して?ムーンライトのテントカラー展開は2色あります。

でもグリーンもベージュ(モンベルではアイボリーと表記)も「え、この色?!」って絶妙カラーです。海外の自然にマッチする色なのかな?

でも設営がスピーディーなのは、すごくイイ!夏も涼しい!

この2つのメリットは、ビジュアルの弱さをカバーして余りある魅力です。

スピード設営が一番の魅力

ムーンライトの設営は、本当に早くて、しかも直感的に組み立てられます。インターネットや世の中のクチコミ通り!

購入後は、自宅での試し張りナシで、いきなりキャンプ本番でしたが、15分で完成!それも写真を撮りながら、組み立てながらで15分です!

ムーンライトのポール

ポールが2本。

ポールを組み立て始めると、テンションコードの働きで、自然に1本につながってくれます。自動でポールが組み上がるってことあるの?!ビックリしました。

ポールを立てる

2本のポールを交差させて立てて

ムーンライトインナー

引っ掛けます。

ムーンライトフック

フックが付いてて、どこにどうやってひっかけるのか直感的に分かります。

サイドフック

サイドフックも付けて、

ムーンライトインナーテント

できあがり。

初めての設営でも「早いな!」って実感しました。

より早くキャンプ気分に

キャンプって、テントやテーブルなど居住スペースを作るとホッとしませんか?「さぁこれでゆっくりできるぞ!」って落ち着きます。

ゆっくりした時間を過ごしに来たんだから、少しでも早くキャンプ気分になれるのはうれしいです!

撤収も早い!

設営が早いムーンライトですが、実は撤収も早いんです!

フライシートとインナーテントの間が広く、結露しづらいんです。テントが結露しなければ、午前中の早い時間に撤収できます。

私も夫も飽きっぽいので…キャンプの後片付けに時間がかかると、途中でイヤになっちゃうんです。ササッと片付かないと、家に帰るのもめんどくさい^^;

クチコミや体験談から「設営が早い」と知っていましたが、予想以上!「撤収も早い」という情報は無かったので、うれしい予想外でした。ママキャンプ(パパ不在、ママ+子供だけのキャンプ)に使われるのも納得です。

安全なポール

ムーンライトテント、実は「これ危ないよね」ってところがあります。

ここ。ポールが飛び出しています。

飛び出たポール

ちょうど大人の顔の高さ。目を突いたら大変…。

ムーンライトポール

拡大写真。

でも大丈夫!

ポールフック

飛び出たポールは、折りたたんでフックに掛けられます。アイデア!

このポールはフライシートを被せれば隠れます。顔を突くことはありません。

でもインナーテントだけの場合は、ポールがむき出しです。そんな時は、ポールをたたんでフック掛ければ、顔や目を突くケガを避けられます。

ポールが飛び出た姿を見た時は「危なすぎる!」って心配したのですが、折りたたむアイデアには感心〜。安全が考慮してあるんですね。

夏に涼しいテント

夏のキャンプの夜、暑くて寝られないってことありませんか?男性や子どもは特に、暑さ対策が大切ですよね。子どもが汗ダクで、翌朝あせもになってた…なんて、かわいそう。

ムーンライトのもう一つのメリットは「涼しい!」ってことです。

窓がある!しかも大きい!

ムーンライトは出入り口2か所だけじゃなくて、壁2面にも窓があります。テントの4面が開くので、風が通り抜けて空気がこもらず涼しいんです。夏の夜も涼しく寝られます。

ムーンライト窓

写真では、窓を開けてメッシュシートになっています。窓はテントの高さ半分まで開きます。

開けた窓は、カーテンみたいにクルクル丸めて留められるようになっています。ペラペラしてジャマになったりはしません。

ポイント外を覗いて遊べるのも、幼稚園くらいの子どもには楽しいみたい。お家ごっこが盛り上がっていました。

ムーンライトのテント内部

我が家のムーンライトは7型です。広いです!3人家族(父母と3歳児)には贅沢なほど。テント内部で大人が立てます。

ムーンライトを買う前、5型と7型のサイズを比較して悩みましたが、買ったのは7型。「テント内部で腰を曲げずに立てる」のが決め手でした。テント内のマットや布団の片付けがラク!子供の服の着替えも手伝いやすいです。

ムーンライト内部

テント内部の広さの参考に。

インフレータブルマットを2枚連結して置いてます。

それでもスペースゆったり、キャンプ道具や着替え、子供のおもちゃも楽々入ります。

ムーンライト窓

3歳(身長90cm)の子どもが立つと、こんな感じ。テントの中で走り回って遊べます。

テント収納バッグが好き

ムーンライトで感心したのは、収納バッグ(ダッフルバッグ)。

ムーンライト収納バッグ

バックルが付いてて、しっかり留められます。

ポールが動いてテントや収納袋が破れたりしないし、バッグ全体ががギュッと小さくなるのもうれしい。キャンプ道具って、なるべくコンパクト収納したいですよね。

キャンプセット

大きさの参考に。中央がテントのダッフルバッグです。

右(紺色袋)はテーブルセット。

左に立ってる袋(モスグリーンのスタッフバッグ)は、ムーンライト専用のテントマット。けっこうでかいです。軽いんだけど大きすぎる。運搬がめんどくさく感じます。

ムーンライト専用オプションアイテム

テントマットの続きを。

テント内部で広げるとこんな感じです。

ムーンライトテントマット

裏面は銀色マット。表はモスグリーンで、落ち着いた色合いです。色に不満はありません^^

グラウンドシートがあると、やっぱり床がふんわりして気持ちいいです。それに「寒いかも?」って不安なく過ごせます。冷え性キャンパーにはありがたいアイテムです。

サイズも、ムーンライト7型専用なのでピッタリ。

テント内に敷いてしまえば「買ってよかったよね〜テントマット!」って満足なんです。キャンプ撤収時にまた「ジャマ!」って思っちゃうのですが^^

グラウンドシート

グラウンドシートもムーンライト7型専用を買いました。

ムーンライトグラウンドシートバッグ

鮮やかな緑色のスタッフバッグがグラウンドシート収納袋です。

テントのダッフルバッグ(下のモスグリーン)の中に収まりました。

ムーンライトグラウンドシート

グラウンドシートにはペグが付いています。

このペグで、グラウンドシート+フレーム+フライシートの簡易タープになります。

テントとして使用する場合は、グラウンドシートのペグは使いません。ペグを収納するちょっとした工夫が小技…いいよね!

前室は広くない

ムーンライトの前室は、広くありません。

ムーンライト前室

写真右側の入り口に3歳児が座っていますが、こんな程度。

夜、テーブルやイスを全室にしまうのなら、きちんとたたんで片付けないと、前室に入りきりません。

「雨が降るかも」という日は、タープを前室にかぶせるように張っておきます。

ムーンライト7型とタープ

靴の脱ぎ履き時に、雨に濡れません。テーブルも片付けなくてイイ♪

私はタープを張るのが面倒であんまり使いたくないので、前室が狭いのはムーンライトのちょっぴり残念ポイントです。

でも「前室が狭い」「かわいいテントじゃない」以外に不満はないので、キャンプ道具としては優秀だと思います。キャンプの度に満足して、ますます好きになるなぁ〜。

この記事の評価

★★★★★

  
▲ページトップへ