割れる食器やワイングラスをキャンプで使う収納方法

ワインで乾杯

食器を割らずにキャンプ場へ運ぶ収納方法を写真で紹介します!ガラスのワイングラスも割れたことないですよ。キャンプでも自宅と同じようにガラスや磁器など、割れ物の食器を使っています。お気に入りの食器はキャンプ料理をさらにおいしくしてくれます。以前はステンレスやホーロー食器も使いましたが、陶器の手触りや口当たりの良さには代えがたいのです。食器洗いがエコで簡単なのもメリットです。

キャンプの食器入れはコンテナ

食いしん坊すぎて、アウトドアでも食事にこだわりたい欲求が強すぎです。良い食器は食事をおいしくしてくれるので、キャンプ場でも磁器とガラスを使っています。

食器の収納はキッチン用品のコンテナです。

キャンプコンテナの食器と鍋

写真左が食器。クッカーの隣に収納しています。

食器の種類ごとに小袋に入れています。小分けすると

というメリットがあります。

カップを子供茶碗に

キャンプ用の食器はこれだけです。

キャンプ割れ物食器

家族は4人です。こどもはごはんとおかずを食べますが、大人はおかずとお酒だけです(ダイエット)。

スープカップはおかずを入れるから4つ。

カップが6つなのは、飲み物を入れて4つ、子供茶碗代わりにご飯を入れて2つ、合計6つなのです。

スタッキングできて運びやすいカップは、使い方を飲み物だけに限定せずお茶碗にも使います。いろんな用途に使って、持っていく数も最低限に絞れば、キャンプ道具を減らせますよね。

うつわ好きだからもっとたくさんの食器を使いたいけど、キャンプ道具だから少数精鋭の一器多用です。

ワイングラスの収納

ワイングラスは一袋に一脚ずつ入れます。

グラスとグラスが触れ合ってると、移動中に割れてしまいます。

それにスタッキングして一袋にまとめて入れたくても、ワイングラスの独特な形では無理ですもんね。というわけで一脚を一袋ずつ収納します。

ワイングラスは一脚ずつふきんで巻いてから小袋へ収納します。新聞紙でもいいんだろうけど、私はふんわり厚めのふきんを使うと、なんとなく安心します。

コンテナには立てて収納

ワイングラスも食器も、キャンプコンテナに収納する時は

ようにします。

横方向から力が加わると食器もグラスも割れますし、形が違う食器を重ねても割れやすいです。

キャンプコンテナの食器と鍋

私がコンテナに収納する時は、まず一番大きなクッカーを入れ、隙間に食器を立てて入れます。こうするとコンテナ内の土台になり、その上や隙間に他のキッチン用品を入れることができます。

食器は食器だけで収納するキャンパーもいますが、私はキッチン用品も一緒に入れます。

キャンプの荷物を減らす工夫です。コンテナが「キッチン用品」と「食器」の2つになるか、「キッチン用品(食器入り)」の1つで済むかの分かれ道です。

コンテナの隙間はキャンプ道具を緩衝材にする

コンテナ内にクッカーと食器を入れて土台にしたら、その上に軽い道具を入れます。

キャンプコンテナ食事用

食器の上にはスポンジやゴム手袋など。フカフカ軽くてクッションになりそうなものを入れます。

硬いもの、重い物は載せません。食器が割れるのを防ぐためです。

コンテナ内に空間があって道具がガタつくと、食器も動いて割れてしまいます。他のキッチン道具を収納しながら、コンテナの空間を埋めます。

引越しの荷詰めならプチプチ緩衝材を詰めるのでしょうが、キャンプならキャンプ道具を詰めて代用すればいいですよね。

スープカップに緩衝材を挟む 

スープカップだけはお皿一枚ずつに緩衝材を使っています。

カップはスタッキングできるものを選んで買ったので、緩衝材ナシで収納・移動しています。でもスープカップは「スタッキングできる!」と言い切れるデザインじゃないので、割れるのを予防します。

食器と食器を直接重ねると移動中に割れちゃうので、緩衝材をはさみます。

食器の緩衝材

緩衝材は、器を買ったときに包んでもらったものを再利用してます。そんなのわざわざ買わないよ〜

かわいいキャンプスタイルには、ふきんやクロスを使うのがおすすめ。華やかで楽しい雰囲気になると思います。あこがれます!私は布選びのセンスや洗濯の手間に自信がないので、今のところは緩衝材で手抜きキャンプです。

写真では小袋の底にも厚めに緩衝材を重ねています、効果は分かりませんが、念の為。なんとなく安心できます。

キャンプ食器におすすめの素材

こんな感じのキッチン用コンテナへざっくり収納ですが、これまで食器が割れたことはありません。

キャンプ不適格な3ポイント

自宅では職人さん手作りの陶器の和食器ばかり使っていますが

と三拍子揃ったキャンプ不適格道具なので、キャンプには持っていけません。

キャンプ用の食器は陶器より丈夫な磁器で、割れにくそうなシンプルデザインを選びました。

ワインの味をおいしくするグラス

プラスチック製のワイングラスは、口元のカドが立ってて滑らかじゃないのが苦手です。

キャンプで使っているワイングラスは100円均一ですが、安くてもガラスなので、プラスチックに比べて口当たりが滑らかです。

ワイングラスが変わるとワインの味が変わります。できるだけおいしいワインが飲みたいので、グラスはガラスを使いたいです。

100均で安いからでしょうか、分厚くて丈夫なワイングラスです。

ワイングラスは薄いほうがおいしく感じられるんだけど、丈夫さには代えられません。私ができるぜいたくはここまで。一脚5000円のリーデルはキャンプではちょっと使えないなぁ^^;

そこはキャンプという事で、TPOと食欲とこだわりとお財布とのバランス感覚です。

磁器の重さが良い

磁器の食器の良さは、ある程度の重量があることです。

うっかり手や服の裾が当たっても倒れず滑りづらいので、テーブルから落ちにくく食事もこぼしにくいです。

プラスチックやメラミンは軽すぎて、うっかり者の私はすぐに倒したり落としちゃいます。

少しの水と洗剤で洗える

磁器の食器をキャンプで使って「いいなぁ」と思うのは、食器洗いのときです。

プラスチックやメラミン、シリコンは、お肉やチーズなど油汚れが落ちにくいです。二度洗い・三度洗いしても、油のヌルヌルが取れません。

磁器なら汚れ落ちの良さはダントツ!一度洗えば汚れが取れるのでエコ。洗剤や水の量はほんの少しで大丈夫です。

キャンプ場では洗剤で水を汚したくないので、食器洗いはなるべく簡単にしたいですよね。

食器洗いが簡単だと、手が冷たくないのも良い点です。

夏以外の、春・秋・冬のキャンプは水が冷たいですよね。キャンプ場の水場はお湯が出ないから、冷え性対策としても汚れが落ちやすい食器はメリットがあります。

この記事の評価

★★☆☆☆

  
▲ページトップへ