揖斐高原キャンプ場貝月リゾートのキャンプサイト・バンガロー・コテージと虫の情報

揖斐高原夏のスキー場

明るく広がる景色が気持ちいい!10月に揖斐高原キャンプ場へ行ってきました。キャンプ場、バンガロー、コテージの写真とレポートです。揖斐高原のフィールド内で魚釣りや魚のつかみ取りができるので、子どもが喜びます。スキー場にあるキャンプ場なので、スキー場を歩いて登るのもおもしろいです。お金を掛けずに無料で遊べるのは親もうれしい!

揖斐高原キャンプ場はスキー場

公式サイト揖斐高原

住所 〒501-0707 岐阜県揖斐郡揖斐川町日坂1509-15

TEL 0585-54-2458 (電話をかけたら管理人さんが「貝月リゾートです」とおっしゃいました)

10月の中旬に揖斐高原キャンプ場へ行ってきました。

スキー場にあるキャンプ場です。視界が開けて見通しが良く、明るくて広くて清々しいです。真夏だとおひさまの直射日光が暑いかな?

p1100046

この広さが気持ちいーい!

写真手前がキャンプサイト、奥に広がっているのがスキー場です。

上の写真を右手に下ると野外ステージがあります。

揖斐高原キャンプ場ステージ

奥の大きな屋根が野外ステージ、手前の木のあたりがキャンプサイトです。

道を挟んで反対側にもキャンプサイトが並びます。

川側キャンプサイト

スキー場から道を挟んだ反対側のキャンプサイト。木の柵の奥には川が流れています。

川側のサイトは1区画が2段に分かれています。一段に車、もう一段にテントを張るんですね。

階段キャンプ場

これが1区画のうちの一段。 写真の女の子は小学1年生です。

下のキャンプサイト

川側サイトの下流は、木が少なくて視界が開けます。 日当たり良好。傾斜はなだらかです。

揖斐高原キャンプ場のバンガロー

キャンプサイトから川を挟んだ向こうには、バンガローが立ち並びます。

揖斐高原キャンプ場小川

川というより沢かな。下流では魚のつかみ取りができます。夏休みキャンプなら子どもが喜びそうですね!

揖斐高原キャンプ場バンガロー

バンガローはこんな感じ。バンガロー横の屋根の下は、備え付けの囲炉裏です。

揖斐高原キャンプ場バンガロー2棟

隣合うバンガローの距離はこのくらい。階段状になっているので、プライバシーが保たれそうです。

バンガローの外囲炉裏は2種類ありました。

バンガロー火炊き

コンパクトな1つ口タイプ

バンガロー火焚き2つ

2つ口タイプもありました。大きな囲炉裏なら、グループ宿泊でもみんなで一緒に食べられますね。

バンガロー内部

バンガロー内部です。三角屋根に照明ライトが2つ。フローリング床はワックスがピカピカにかかっています。

ペット禁止

バンガロー玄関ドアに「犬・他ペット類の持ち込みはお断りします」と貼ってありました。

バンガローの水場

バンガロー近くの水場もキレイに掃除されていました。

p1100059

水場と、火炊き口が並んでいます。水場はテーブル部分があって、使いやすそう!

キャンプ場の水場って、食器を置く場所が無くて不便だったりしますよね。揖斐高原キャンプ場のバンガロー水場は広いスペースがうれしいです。

p1100060

炊き口のはじっこ「残灰はペール缶にお入れください」灰を捨てる場所があると、片付けが助かりますね。

p1100058

バンガローのトイレは、入り口にドアが付いています。室外のトイレってだけでも不安なのに、虫がいたらもっとコワイですよね。トイレの入り口にドアがあれば、虫が入らなくて安心!

コテージに宿泊しました

揖斐高原キャンプ場はステキなコテージもあります。実は今回、キャンプじゃなくてコテージ泊でした。

キレイで広くて10人泊まれて、料金は9,800円。お安いので利用しやすいです。

p1100069

階段状にコテージが建っています。高さがちがって目が合わないので、隣のコテージから丸見え、なんてこともありません。快適です。

p1100070

コテージの入り口には車が2台停められます。荷降ろしの後は、車を駐車場へ移動するきまりです。

コテージ玄関

コテージ玄関です。写真左が玄関、右奥はコンクリートの縁側です。その奥に庭があって…

p1100072

外囲炉裏が!屋根付き、カーテン付きで、雨の日も炭焼きできますね!

写真左奥に、シンクがあります。広いので便利に使えました。

囲炉裏

囲炉裏の周りには丸太の椅子がたくさんあります。

椅子は固定でなくて、移動できます。サイドに取っ手が切ってあって、持ち運びしやすいです。

10月の揖斐高原キャンプ場の虫

今回、揖斐高原キャンプ場に行ったのは10月中旬です。

揖斐高原はカメムシ天国らしい

コテージ申し込みの受付で「今の時期はカメムシが多いんで…(テヘッ!)」とご注意いただいのですが、それほど気になりませんでした。この日は急に気温が下がったので、たまたま少なかったのかもしれません。

カメムシが多いと、ビニールカーテンにビッチリ、カメムシカーテンになるみたいです。KINTANO 【 キャンプ 】 ご近所さんとキャンプ ~揖斐高原貝月リゾート~

コテージ室内には、ほうきとちりとりが設置してあります。これでカメムシのニオイに怯えることなく外へ逃がせます。お掃除のためというより、カメムシのためのほうきとちりとりでした。

小さな蛾

カメムシ以外の虫は、5cm以下の蛾を何匹か見かけました。私は「小さい蛾」だと思ったのですが、虫に不慣れなママは「小さくない!」と言っていました。感覚って人それぞれですね!

不思議なのは、テント泊では全く気にならない「小さな蛾」が、コテージだとちょっと怖かったことです。「パパ〜蛾がいる!外に出して!」みたいな。人の気持ちってホント不思議ですね!

ランチは和食処かじか苑

コテージに2泊したので、揖斐高原キャンプ場の外へ出てランチを食べました。

かじか苑 〒501-0903 岐阜県揖斐郡揖斐川町坂内坂本

かじか苑

メニューはきのこ定食、ブナハリタケパスタ、川魚定食の3種類でした。

座敷には熊の木彫りの置物や山野草の写真、カレンダーなどが掛けてあって、昭和の雰囲気たっぷりです。

お店に入るとすぐに「おじさんはキノコ名人だよ!東海三県では一番詳しい。先生として招かれるんだよ!」「今日のオススメはね、パスタ!ブナハリタケって、ウマイよ!たくさん取ってオリーブオイルで炒めて保存しておくの!奥さん、太らないから大丈夫だよ。バージンオイルだから!オリーブオイルは体にいいよ!」とお話してくださいました。

普段なら和食屋でパスタは食べないのですが、おじさんの熱いプッシュで2皿オーダーしました。ブナハリタケおいしい!できればパスタ料理にする前の「キノコだけ」も食べてみたかったです。『ブナハリタケのオイル漬け』というメニューも作ってください。

お料理ができるまで池を見ました

注文を受けてからお料理を作ってくれるので、それ相応の時間がかかります。ファストフードに慣れていると「遅い」と感じるかもしれませんね。でもお店の外に出て、池や沢を眺めながら待てるので、子どももぐずりませんでした。以前は釣り堀をしていた池に、鯉や川魚が泳いでいて、子供たちは興味深く見ていました。

トイレは店の外にあって汲み取り式ですが、キレイにお掃除してあるので安心して入れました。

かじか苑では、秋はキノコ、春は山菜料理を食べさせてくれるそうです。ゴールデンウィークの時期なら、山菜の種類が豊富だそうです。

おじさんの話がおもしろく、ロケーションも山の中の和食処で気持ちがいいので、昭和な雰囲気がお好きな方は行ってみてはいかがでしょうか。

この記事の評価

★★★★☆

  
▲ページトップへ