寒いけど寒くなかった3月のファミリーキャンプ

冬の家族

子供が3月にキャンプしたいと言いました。ファミリーで冬キャンプって、親として許されるでしょうか?下の子は2歳だし、まだ赤ちゃんなのにカゼひかない?スキーウェアをキャンプウェアにして、羽毛布団と毛布を持って行ってきました。

3月に卒園キャンプ

6歳で年長さんの長男が言いました「保育園のうちにキャンプに行きたい!」

卒業旅行ならぬ、卒園キャンプってことですか…?どこでそんなコジャレた情報を得たのでしょうか…

「まだ寒いよ」「卒園式や入学式があって、カゼをひくといけないから、やめとこうよ」と言っても「え〜っ保育園のうちに行きたいんだもん〜」とニヤニヤ。

何度か交渉しましたが、長男も譲りません。ふだんは親の気持ちを推し測ってくれる長男なのですが…よほど卒園キャンプに行きたいようです。うーん、行くしかないか。

寒さが心配

卒園記念でキャンプへ行くのはいいのですが、寒さが心配です。

3月…梅は咲いたけど桜はまだなんです。寒いよね、絶対に寒いよね!

カゼをひかないか心配です。自宅で暖房を使ってる季節に、キャンプで屋外で過ごすなんて…長男は6歳だけど、次男はまだ2歳なんです。まだ赤ちゃんって言ってもいい年齢です。

場所は長野県飯田市

気温まだ寒い3月のキャンプ場として選ばれたのは、長野県でした。最低気温はマイナスです。

「できるだけ暖かい地域がいい」という私の希望は…どこ?静岡県とか愛知県の渥美半島の海沿いなんかを想像してたのですが…

しかし夫は「どこへ行っても3月は寒いでしょう」と言います。高い山は気温が低いけど、海沿いは風が強い。暖かい地域でも、風が強ければ体感気温は寒いだろうと予想したわけです。それなら森林キャンプ場の方が風が強くないよと。「気温が低いのは防寒具でなんとかなるよ」そうなんですか?そうですか…

スキーウェアを着よう

春や秋のキャンプとは違って、今回は冬キャンプ。ウェアにも気合を入れないと、マジで泣く事になりそうです。

スキーウェアを着ることにします。

家族4人分のスキーウェアを持っていきます。

2歳の次男はスキーウェアを嫌がるかもしれないので、最厚のジャケットやインナーベストなど、防寒小物をたっぷり持っていくことにしました。

羽毛布団と毛布で寝よう

シュラフでは寒いでしょう。毎日使っている羽毛布団で寝ることにします。

羽毛布団だけでは心もとないので、毛布も持っていきます。

キャンプの荷物が増えた

というわけで、キャンプの荷物がかなり増えました。

キャンプの大荷物

かなり大きなサイズのバッグ2つに羽毛布団と毛布を収めました。

スキーウェアはギュウギュウ潰したら、けっこう小さくなりました。それでも大きなバッグが1つ、キャンプ荷物として増えたわけです。

キャンプの荷物が多いとダサいのですが、今回は冬キャンプしかも子供連れなので仕方ありません。オートキャンプ場じゃないからさ、これ全部駐車場から運んだんですよー

風が強い

体感気温を考慮して、風の弱そうな森林キャンプ場へ来たはずですが…風、強いです。

ずいぶん強いです。気温が低いのに、風でさらに体感気温が下がります。

風を弱めるようにタープを張りました。

強風キャンプのタープ

風が弱まりました!

タープってペラペラの布一枚ですが、張り方を工夫するだけで強い風がずっと弱まりました。

天気予報ではずっと晴れだったので「タープは家に置いておこうか?」なんて言ってたのですが、持ってきて良かったです。

寒くて記憶がない

「タープで風が弱まりました」なんて書きましたが、夕方になるにつれて気温は下がってきます。

寒いというより「冷える」って感じです。

ワインじゃ冷たいだろうと思って焼酎のお湯割りを飲みましたが、それでもあったかくなりません。

午後4時以降の記憶は、あんまりありません。寒すぎました。

焚き火ナシ、暖房なし

焚き火「3月は冬キャンプだ寒いぞー」なんて言いながら、今回のキャンプは焚き火ナシ、暖房もありませんでした。

まず暖房キャンプ道具を持ってないし。焚き火台は持って行き忘れたし。

子供がウロウロして焚き火は危ないので、ここ数年やってないのです。そしたら、持って行くつもりだった焚き火台を忘れてしまいました。

隣のティピーからはストーブの煙がモクモク出てて、うらやましかったです。

あ、キャンプ場から遠かったので、温泉やお風呂にも入ってません。

体を温めるごはん

こんなに寒くてはカゼをひいてしまうと心配しましたが…夕食を食べたら体が暖かくなりました。

お鍋お腹が減ると体が冷えるんですね。お腹いっぱいだと寒くありませんでした。

メニューはホワイトシチューと炊きたてご飯。

我が家のシチューはルーを使わず生クリームで作ります。トロミなしだから保温効果は少ないかな?と思いましたが大丈夫。とっても体が暖かくなりました。

羽毛布団であったかキャンプ

夜、眠るのは寒くありませんでした!羽毛布団ってすごい!

テントにインフレータブルマットを敷き詰めて、シーツと敷毛布を敷いて、羽毛布団を掛けて寝ました。

地面からの底冷えも無く、掛ふとんが薄くて寒いこともなく、快適でした。

自宅と変わりなく、よく眠れました。

冬キャンプと子供の体調

走る子と犬さて冬のファミリーキャンプの結果です。

子供はカゼを…ひきませんでした!ビックリ

イヤイヤ期の2歳男児は午後2時から4時まで上着を着ませんでした。それでもカゼをひきませんでした。鼻水ズルズルもしないし。

ずっと走ったり遊んだりしてたからかな?丈夫なものですねぇ。

大人も体調を崩さず「真冬でなければ、冬キャンプも行けるかも?」って感想です。

冬キャンプの醍醐味ってアフター温泉?

キャンプの帰り道に温泉に寄りました。

温かくて、すっごく幸せでした!

2歳の子供でも温泉の幸せを感じたようで、とってもごきげん、ゆったり時間を過ごしていました。

もしかしてアフター温泉までが冬キャンプの醍醐味?新しい楽しみを見つけちゃった気がします。

この記事の評価

★★★★★

  
▲ページトップへ